バイク馬鹿があーだこーだ語るブログ

「超」がつくほどのバイク馬鹿が、バイクに関する出来事やバイクに対する思いを勝手について語らせていただきます( ◠‿◠ )

バイクが好きならバイクは降りるな!

どうもtaku-marineです☆彡

 

17歳でバイクに乗り始めてはや18年。

 

今までの人生のほぼ半分近くは、バイクのある生活を送ってきた。

 

そして、そんなバイク馬鹿な私が結婚したのは、 バイク人生17年の内の8年目の25歳の時。

 

一般的に結婚とは非常にめでたい話。

 

結論から言えば、私も愛する妻と結婚して子供まで授かり私自身も幸せだと思ってる。

 

だが・・・

 

世の中の、バイク好きの場合は・・・

 

必ずしもそうでなかったりする。

 

そう、バイクが好きな人間ならよく聞く話。

 

結婚はバイク人生の中である意味、場合によっては鬼門でもある。

 

チラホラ聞く話

 

「結婚してバイクを降りる」

 

そしてその選択肢の二つのパターン。

 

一つは、自分で気持ちに区切りをつけバイクを手放す。

 

まぁ、コレなら自らそう決めたのなら勝手にすればと思うんだよ。

 

ただ・・・もう一つ。

 

「結婚したら、もうあなた1人の体じゃないんだからバイク降りて!」

 

と婚約者から強く言われて、手放したくないのに泣く泣く手放すパターン。

 

意味わからん。

 

何が意味わからないかって?

 

おそらく、危ないから降りろという事だろうが、だからと言ってその人の生き甲斐を奪う権利などないし、バイクに乗らなくても世の中危険なことなどいくらでもある。

 

言われて渋々降りる人も人。

 

妻と今後生まれてくるであろう子供達の為に、降りたくないバイクを降りる。

 

立派な選択肢にも思える。

 

だけど、それでうまく結婚生活が続くとは思えない。

 

確かに、父親になるからには扶養の義務もある。

家庭のことを第一に考えなければならない。

 

だけど、ソレをやり遂げるにも 生き甲斐ってのは必要。

 

その生き甲斐がバイクである人からそれを取り上げ、パートナーが自分の意に反しバイクを降りれば、その人は生き甲斐なしに朝から晩まで体にムチを打ち働き、家族を養わなければいけない、

 

続かないのは目に見えてるでしょう?

 

心か何かが壊れて、不倫やギャンブルに走ったりもしかねない。

(どんな理由であれ不倫や家族を路頭に迷わすようなギャンブルは許されることではないが)

 

 

今、独身でバイクが好きで結婚も考えてるって人がいるなら言いたいです。

 

バイクが好きならバイクは降りるな!

 

結婚するなら、バイクが好きである自分をそのまま受け入れてくれる人がいい!

 

言われるがまま、下りたら絶対後悔するよ!

 

もっとも私の場合降りろと言われたら結婚してなかったでしょう。

 

そもそも妻はそんなこと言う人ではなく、死んでも治らないようなバイク馬鹿である自分をそのまま受け入れてくれた。

 

だから結論としては妻が愛しいし、いい人に巡り会えたと思ってる。

 

とは言ってみたけど、あくまでも大黒柱が第一に考えなければならないのは家族であり、家庭の生活に深刻な影響が出ない程度にバイクライフを楽しんでいきたいです。

 

ライディングジャケット

どうもtaku-marineです☆彡

 

バイクに乗る時の ライディングジャケット について。

 

ライディングジャケットとは、文字通り ライディング(バイクの運転) に特化させたジャケットのことです。

 

「ちょっとコンビニ行ってくるー」 レベルのライディングなら普段着と比べても、そう大差ないけど、長距離になればなるほどありとあらゆる部分でその真価を発揮します。

 

今の時期ならば メッシュ のライディングジャケット。

 

夏の普段着で乗れば、上はノースリーブだったりTシャツだったりでしょう。

 

そのような、格好でバイク乗った場合。

 

長時間乗れば日焼けします。

走行風でばたつきます。

転倒すれば・・・・分かりますよね。

 

ライディングジャケットの場合は手首まで袖があるので日焼けはしませんし、メッシュ生地なら風通しも良く涼しいです。

 

走行風によるばたつきもきっちり対策されてるので、ばたつきも殆どありません。

 

転倒した場合、完全にダメージをなくすことはできなくとも肩、背中、肘などにパッドがあり、普段着の時よりもダメージは 「軽減」 されます。

 

あくまで 「軽減」 ですからね(笑)

 

バイクに乗るために作られたジャケット。

 

やはり、その用途に特化させた商品は違いますね。

 

そんな、ライディングジャケットが快適であるとは知りながらも私は20代の頃は着ようとは思いませんでした。

 

何故かって?

 

はっきり言います。

 

デザインが気に入らなかったから(笑)

 

独身の頃休日の度によくツーリング行ってましたが、よくすれ違うバイク乗りのあの独特な服装のデザイン・・・

 

背中や胸部分にでっかでかと、もうこれでもかってくらいペタペタ貼り付けられた英文字が、アレがどうも気に入らないw

 

例えば イ◯ロー◯ーン とか シ◯プ◯ン とかね(笑)

 

でも、妻子を持ち30代にもなると安全性や快適性も考えなければと検討しはじめ、なんとかもう少しマシなデザインで着れるものないのか?

 

と、よーく念入りに探し出すとカジュアル寄りなデザインのもあるにはあるんだね〜

 

まぁ、 イ◯ロー◯ーン、 シ◯プ◯ン とかは相変わらずだったけどw

 

私の愛用してる夏用ジャケットが コレ。

f:id:zep11-type92:20170818205120j:image

結構カジュアル寄りなデザインだと思いませんか?

 

腕部はフェイクレザーながらもしっかりと通気口があります。

f:id:zep11-type92:20170818210029j:image

 

胴体部はメッシュ生地、このザラザラして通気口の多い部分が俗にいう メッシュ生地。

f:id:zep11-type92:20170818210246j:image

 

背中の部分だけパッドが入っており、別売りで肩と肘にもパッドが装着できる。

f:id:zep11-type92:20170818210056j:image

BATES(ベイツ)というメーカーのメッシュジャケットです。

 

個人的に BATESKONINE のジャケットは、ライディングジャケットにしてはカジュアル寄りなデザインも多い気がする。

 

そして、カジュアル寄りなデザインながらもやはり普段着で乗るより快適。

 

でも、やっぱりもっとカジュアルな格好で乗りたいとも思い、いつもバイク乗る度に着てるわけじゃないんだけどね(笑)

 

それでも、長距離ツーリングならライディングジャケットがい‼️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石のバイク

どうもtaku-marineです☆彡

 

こんな記事を見つけました。

https://article.auone.jp/detail/1/2/4/102_4_r_20170815_1502748411889140?ref=top

 

すげぇ・・・

 

マフラーからメーターからステッカーから何から何まで精巧に再現されてる。

 

墓石職人や友人や母親の熱意を感じますねぇ・・・

 

Kawasaki ZXR の墓石。

 

コレは確かに壊すのは持ったいないな・・・

 

私もこの墓石見てみたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薩摩川内市入来へツーリング

どうもtaku-marineです✌🏻

 

朝早くから ツーリング 行ってきました。

 

目的地は 薩摩川内市入来町

入来町岩下仙峡 にある 践祚の滝 を写真に撮るのが目的です。

https://satsumasendai.gr.jp/spotlist/2155/

f:id:zep11-type92:20170813114039j:image

ツーリングバッグを取り付けました。

 

このバッグに 一眼レフカメラ を詰め込みましたが、かなり容量が大きいです。

 

荷物の多い場合やロングツーリングには、もってこいなやつです。

f:id:zep11-type92:20170814033909j:image

f:id:zep11-type92:20170814035412j:image

*写真は帰宅後に撮ったものです。

 

タナックスの MFK-109 ってやつですね。

 

タナックス(TANAX) キャンピングシートバッグ2 モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック MFK-102 (可変容量59-75?)
 

 



 

f:id:zep11-type92:20170813114011j:image

 早朝出発!!

 

この時期は、ツーリングするならやっぱり早朝に限る。

 

車も少ないし、風も涼しいし走ってて気持ちがいい。

 

昼間はバイクだと排気ガスだのアスファルトの熱だの渋滞だので不快です。

 

f:id:zep11-type92:20170813114608j:imagef:id:zep11-type92:20170813114908j:image

走り出してガソリン給油時間も含めて約30分、鹿児島市加治屋町の交差点に到達。

 

昼間だったら、渋滞で下手すりゃ1時間近くかかるし、この辺りは鹿児島市の中心部で交通量も多いのでそれは酷かったでしょうね。

 

そして、さらに走り続けて旧入来町の目的地へ着きました。

 

久しぶりに入来峠走りちょっと攻めてみましたが、やっぱりあの峠こわいです・・・

 

 

f:id:zep11-type92:20170813115358j:image

入来峠を過ぎてゴルフ場への道を通り、ココが目的地です。

 

入来町の岩下仙峡にある践祚の滝。

 

ここの滝がまた芸術的で美しかったですよ。

 

写真はみたければこのブログにあります!

 

 http://zep11-type92.hatenadiary.jp/entry/2017/08/14/033535

 

しかし、この辺は道が悪かったですね〜

 

オフロード車なら楽しいかもですが・・・

 

 狭いし、暗いし、大き目の石も落ちてたりで重い ゼファー1100 では走りにくかったです。

f:id:zep11-type92:20170813120159j:image

 

 

 

 

 

 

バイクいじりのアイテム、エアーツール

どうも、taku-marineです。

 

バイクいじりのアイテム、エアーツールを紹介します。

 

まずは、コンプレッサー

アネスト岩田 COLT HX4004

f:id:zep11-type92:20170811054910j:image

オイル式のコンプレッサーです。

 

当初はオイルレス式と悩みましたが、使用時間制限を気にせずに作業したかったのでオイル式にしました。

 

馬力は1馬力、タンク容量は30Lと家庭用のコンプレッサーとしては十分な性能もってます。

 

価格も2万円以下と結構手頃な値段ですよ〜

 

 

アネスト岩田キャンベル コルト HX4004

アネスト岩田キャンベル コルト HX4004

 

 

 

 

買ってみてから、使ってみましたがタイヤの空気圧の管理や、整備してる時の誇り飛ばしなどあるとやはり快適ですね。

 

ただ、音はかなりうるさいです💧

 

 そして、私が所持してるエアーツール

f:id:zep11-type92:20170811213848j:image

高木のエアーチャック

 

 

高儀 EARTH MAN エアーチャックガン TG-3

高儀 EARTH MAN エアーチャックガン TG-3

 

 

 

 

SK11のエアーダスター

 

SK11 エアーダスター 軽量 伸縮ノズル 220~310mm SAD-003-T
 

 

おそらく大陸製であろうエアータッカー

 

バイクパーツセンター 保証付エアタッカーセット 6ミリ針3000本 9038
 

 

以上3点のみですが、これだけでもだいぶ作業効率上がりました。

 

エアータッカーはこの間シートの張り替えで大活躍でした。

大体30分くらいで貼り終わりましたが、エアータッカーがなければ3〜4時間かかってたかもしれません・・・

 

まぁ、ご覧の通りかなり雑な仕事ですが(笑)

f:id:zep11-type92:20170812041348j:imagef:id:zep11-type92:20170812041416j:image

 

 

 

バイクいじりのアイテム、キャビネット。

どうも、taku-marineです。

 

せっかくの日曜日、バイクで走りたかったが鹿児島は台風で生憎の天候でした.°(ಗдಗ。)°.

 

といっても所帯持なので、乗るよりいじる方が多いです(^^;;

 

そんな、私のバイクいじりのアイテムを紹介します。

 

今回は、各種工具を収納するツールキャビネット

f:id:zep11-type92:20170807072717j:plain

 

一番上の段は、ハンマー類とだいぶ昔に購入した工具セット。

f:id:zep11-type92:20170807072850j:plain

 

二段目から四段目はこのように、ストッパーがついています。

f:id:zep11-type92:20170807073055j:plain

 

二段目は収納が三つに分かれている。

一番左側から金属やすり、小型のこぎり

真ん中にドライバー、フック類

右側がエアーゲージ、プラグレンチ等

f:id:zep11-type92:20170807073604j:plain

 

三段目、ラチェットレンチ、モンキー、六角レンチ。

f:id:zep11-type92:20170807074050j:plain

 

四段目、主にペンチ類です。

f:id:zep11-type92:20170807074245j:plain

 

五段目、ラチェット、T字レンチ、メガネ、ソケット。

f:id:zep11-type92:20170807074409j:plain

 

 

この工具を収納されてるのを見るの何気に好きです。

 

なんというか、金属のギラギラ感をみるとあくまでもバイクいじりのアイテムなのに、コレクションのような感覚を感じます。

 

キャビネットも中の工具もホームセンターに売ってる安物なんですけどね(笑)

 

 

続いて六段目、この辺からはあまりうまく整理できてませんが(汗)

ボンスターや、サンドペーパー、ホットボンド

f:id:zep11-type92:20170807080410j:plain

 

七段目、釘やボルトナットのストック、紐、洗車で使う激おちくん。

f:id:zep11-type92:20170807080845j:plain

 

一番下は大収納スペースとなってます。

f:id:zep11-type92:20170807081203j:plainこのようにして蓋を上げて

f:id:zep11-type92:20170807081321j:plain

押し込んで開けます。

f:id:zep11-type92:20170807081418j:plain

 

ブロワー、ケミカル類のストック、洗車用品少々、延長コード等々

f:id:zep11-type92:20170807081640j:plain

 

以上がこのツールキャビネットの用途の概要ですが、これ一台あるだけで結構収納できますね。

 

大体この手のキャビネットは大体、3~4万円からで決して安くはありませんが。

私が所有しているものは、ネット通販などで1万円弱と庶民にやさしい価格設定です。

 

安い分、プロが仕事で使うならいろいろ頼りない部分もあるのでしょうけど、私のように趣味程度でつかうなら、十分普通に便利に使えてコスパはいいと思います。

 

 

E-Value (イーバリュー)  チェスト&キャビネット ブラック ETR108BK

E-Value (イーバリュー) チェスト&キャビネット ブラック ETR108BK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空を駆ける者、地を駆ける者

どうも、taku-marineです。

 

最近部屋の整理をしてたら、昔買って読んでた漫画が出てきました。

 

f:id:zep11-type92:20170802211523j:image

集英社

 

ヤングジャンプコミック

 

 山口かつみ

 

 72 The Soul of Bikes

 

 

72 the soul of bikes 1 (ヤングジャンプコミックス)

72 the soul of bikes 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 

 

72 the soul of bikes 2 (ヤングジャンプコミックス)

72 the soul of bikes 2 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 

 

72 the soul of bikes 3 (ヤングジャンプコミックス)
 

 



 

 

72 the soul of bikes 4 (ヤングジャンプコミックス)
 

 

 

 

 

72 the soul of bikes 5 (ヤングジャンプコミックス)

72 the soul of bikes 5 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

この漫画のタイトルの 「72」というのは、ホンダのCB72からとったもの。

 

物語は主人公、柏木奈津美の祖父が他界しある遺書から昔レースをしていた仲間がいることを知り、その仲間へ分解していたレース車両CB72のパーツを集めるために旅に出るところから始まり、途中で事故で出会った神楽一志と旅を共にする。

 

この漫画バイク好かならハマりますね〜

 

その中でも、私が特に印象に残ったのが第2巻の冒頭。

 

空を駆ける者 と 地を駆ける者。

 

柏木奈津美の祖父、柏木実男は生前奈津美にこんな話をした。

 

 

 

翼を大きく羽ばたく鳥には

翼が必要だ・・・

 

人もまた・・・

同じなんだよ

 

昔このホンダのマークは

人間に翼の生えたものだった・・・

 

つまり・・・

バイクというのは

乗るものにとって翼のようなもの・・・

 

そして

 

翼を得た者は

二通りのタイプに分かれる・・・

 

一つは空を駆ける者

もう一つは地を駆ける者・・・

 

さて・・・

なっちゃんはどちらのタイプだろうかね・・・

 f:id:zep11-type92:20170802231115j:imagef:id:zep11-type92:20170802231119j:image

 

 

 

 この話を思い出した後、奈津美は休憩しにファミレスにはいる。

すると、そこには卒業が近い女子高生二人が話をしていた。

女子高生二人はファミレスの外に原付を停めていた。

 

奈津美は以前、知人からヤマハのYZF-R1を借りて走るがそのYZF-R1の性能に興奮し、これが「空を駆けるという事」だと解釈する。

しかし、その後転倒してしまい、通りがかりのライダーに助けてもらう。

 

その時のライダーも祖父と同じことを言っていた。

 

その後そのライダーはこう続ける

 

そして・・・

僕は思うんだけどね・・・

 

翼は大きさじゃないよ

 

 

女子高生のバイクは原付、大型や中型に比べて趣味性の低いバイクではあるけど、原付でもツーリングに行ったりできる。

 

しかし、その女子高生二人はツーリングという言葉も知らず、バイクはただの足代わりとしか考えてない。

 

奈津美はその二人を

 

「地を駆ける者」

 

と位置付ける。

 

奈津美はその二人にこう言った

 

50㏄っていう小さな翼で翔べるんだよ!!

 

その後、女子高生の一人は「遠くに行こう!!」

ともう一人の女子高生に話を持ち掛け、そこで話は終わる。

 

 

なるほどね・・・・

バイク乗りとして深い話ですね。

 

私はもちろんこれからも、空を飛び続けますよ!!